ルームランナー 選び方

ルームランナー選び方〜基礎知識〜

ルームランナー

ルームランナーを使って運動しようと思っている人は多いと思います。
ですが、『購入前に知りたかった!!!』と事前に情報がほしかったりしますよね。
しかも、ルームランナーのメリット&デメリットでは無く、使ってみないとわからない事。
そんな情報があれば購入するときの参考にできるのではないでしょうか♪

 

と言うことでルームランナー本体の基礎知識&選び方をご紹介します。

 

 

 

基礎知識&選び方

 

・大きさ
ルームランナーによりけりですが、だいたい1畳分ぐらいです。
正確には1畳分よりも一回り小さいです。
逆にこれ以上になると家庭でも邪魔になってしまいますよね。
キャスター付きで一定方向のみですが移動式になっています。

 

・モーター
ルームランナーの中心的役割をしています。
家庭用は1〜3馬力ぐらいです。
馬力が大きいほど静かで耐久性があります。

 

家庭では直流式モーターが使われています。コンパクトで、静かなのが特徴です。
モーター選びには使用する人の目的も大事です。
スピード重視なのか、運動重視なのかでも違いますし、何よりも体系によっても選び方が違います。

 

オススメのルームランナーはコチラ↓
ルームランナー

 

・騒音
各メーカーの平均値になりますが、53dB〜65dBほどです。
洗濯機が65dBですので、それ以上は大きくないと思ってください。
エアコンの室外機が50dB程度です。

 

・ベルト
走行面とも言います。
幅が広ければそれだけの安定感があります。
傾斜を変える時に手動式と電動式があります。
値段がそんなに変わらないので、手間のかからない電動式を購入することをお勧めします。

 

・サイドステップ
走行前や走行後に足を置く場所。
必ずサイドステップに足を置き、スタートさせてからタイミングを見計らってベルトに足をのせてください。
最初からベルトに足を置いている状態でスタートさせる人がいるのですが、非常に危険です。
ベルトの回転をさせてからそこに足を乗せましょう。

 

・画面
走行距離や走行時間、走行スピードなどを表示してくれる。
操作は簡単で、カロリー計算もしてくれるのもあり、ハンドル部分では心拍数が測れます。
運動量の記録も残してくれる。

 

・電源&電気代
電源は一般家庭用の100vのコンセントです。
電気代も高くありません。
1日1時間使用で10円〜40円ですので、一か月にしたら→400円〜1000円ほどです。
金額の開きはスピードと体重の違いです。
電気消費は10Aぐらいが各メーカーとも平均値ですね。

 

ルームランナーは部屋のいろいろな場所で出来るのも魅力の一つですが、延長コードでの電気調達は控えましょう。
コンセントに直接差し込んでくださいね。

 

・付属品
ルームランナーをご家庭で使う時は必ずルームランナーの下にひくマットを使用しましょう。
騒音軽減にもなりますし、大切な部屋の床を傷つけなくて済みますね♪
ルームランナーを購入する際に、一緒にマットも購入しましょう。

 

ルームランナー

 

ルームランナー本体の知識や選び方、わかってもらえたでしょうか?
ルームランナーを使うメリットやデメリットは皆さんもご存知のことと思います♪
メリットを考慮して購入してみたものの、実際に使うとなるとイメージと違ったりします。
なので、この情報を参考に購入前にちょっと現実的に基礎知識を付けてイメージし直してみてください!!!
より一層、ルームランナーが身近に感じると思います。

リンク